ゆーさん。 blog

完全予約制フリーランス美容師→キャンプブロガー!笑 キャンプとカメラが好きな呑みキャン△ブログです!

ソロキャンプのいい所

最近ソロキャンとゆう言葉をよく聞きますよね?

ソロキャン=ソロキャンプ

 

ソロキャンプをされてる方が増えて来ています。

 

1人旅や1人カラオケなどと、1人で出かけることも定着化してきてる!?

 

そのような1人で出かけるなど1人の時間がキャンプにも定着しつつあります。

最近よく聞くソロキャンプもそのひとつですよね!

 

ちなみに私もしょっちゅうソロキャンプへ出かけています。

休みの日にランチだけキャンプ場や野営地で食べてのんびりしてから帰るなど。

 

1人でキャンプとか楽しいの?キャンプは、みんなで行くからいいんじゃないの?などとよく聞かれますけどね笑

 

家族や友達と一緒にするキャンプは、もちろん楽しいです。みんなで協力して準備して食事して雑談してと寂しくないし、楽しさを共有できるのでもちろんグループで行くキャンプも良いですよね!

 

その分スケジュールを合わしたり、どこへどう行くや何を誰が持ってくる?などと連絡を取り合って色んな調整をしないといけませんよね?

 

そして、最近キャンプブームがきているのでキャンプ場の予約も取りにくかったりとスケジュール調整も大変ですよね。

 

その点では、1人でキャンプをするいわゆるソロキャンプは、行きたい時に行けるし行く場所も自分だけなので気にしなくて良いなどと気軽に行けます。

 

そして何よりも1人の時間を楽しめる!

これが大きいと思います。

 

自然の中で1人でのんびりと過ごす。家でダラダラ過ごすのとは、大きな違いです!

自然の中で川の音や森林の香り鳥の鳴き声など、大自然ならではの環境でリラックスできる。

またお腹が空いたらご飯を食べ、眠たくなれば昼寝をしたり夜には、焚き火をしてまた飯を作り寝る。

本当に自由な時間を楽しめます。

 

食事も、1人なので好きなものだけを作れます。

カップ麺でもいいし、のんびりと焚き火をしながら煮込みもの作ったり炭火で海鮮物や肉をチビチビ焼きながら食べるのも良し!

スモークチップを使って燻製を作るのも良し!

 

僕は、少し前まで鉄板焼きがマイブームでしたが最近では、ソロ用の小さな焚き火台を使い炭火でチビチビと食材を焼いて食べるのがマイブームです笑

 

f:id:yuukun-11-hairdresser:20181010073317j:image

 

その時々で自分のキャンプスタイルも変わっていくそれに合わせてまたキャンプ道具を変えたりとそれも楽しみのひとつ。

 

またソロ用のテントなども増えてきているので嬉しい限りですね。

今は、ソロ用で天幕デザインの炎幕DXを使用してますがこの狭さが落ち着くといいますかなんとも過ごしやすく快適な空間です。

 

サイズも小さいので設営も楽なのでパパっと設営してのんびりダラダラ過ごしています。

 

また1人だと時間にもゆとりがあるので焚き火をするのもひと手間かけれる。

 

よく耳にするブッシュクラフトなどにも挑戦でき、また新たな楽しみ方が増えますよね!

 

バトニングで薪を割ってフェザースティックを作りファイヤースチールや火打ち石なので火を起こすなどこのひと手間かけるのがまた楽しいんですよね。

 

はじめは、めんどくさそうとか思ってましたがやってみると楽しいんですよね、はじめは、フェザースティックも全然上手く作れなくて毎回行くたびに練習してたらいつの間にかできるようになっていてと、こうゆう瞬間も楽しみの一つです。

 

またブッシュクラフトなどをしていると自然とサバイバル能力も身についてくるんです。

 

徐々に持ち物を減らして現地で木を切りポールにしたり周りの木にロープを結びタープを張って寝床を確保したりと、かなりサバイバル能力が向上していきますよ!

普段の生活とは、少し違うひと手間これを楽しみながらできるのがソロキャンプの楽しみですね。

 

ソロキャンプで必要な道具は、人により変わると思いますが私が持っていく最低限のものは、

 

1.テントかタープとロープ

寝るところを確保するのに必要。

ロープは、タープを直接木にくくったりするのに必要なので持って行きます。

 

僕の友達は、蚊帳だけで寝てる人もいますが笑

 

2.マットかハンモック

寝床の快適度合いがかなり変わりますね冬は、コットを使うことも多いです、寒さか対策的に

 

3.シュラフ、寝袋

夏は、ほとんど使わないのですが寒くなってくると必要ですね。

冬は、ダウンのシュラフを使用してます。

ナンガの600DXを使用してますが冬でも暑いかなって感じます笑

 

4.焚き火台orバーナー

直火禁止のところも多いので食事を作ったり暖をとるのに必要です。

バーナーは、ひとつあると便利でおススメです。

 

5.ランタンやヘッドライト

夜になると必ず必要ですよね。

テント内で使用するには、LEDランタンが安心です。

最近は、灯油ランタンが好きでメインは、それを使ってます。

 

6.クッカー類

食事を作るのに必要です。

僕は、焚き火台で済ますこともありますが持ってくとお湯沸かすのにも使えたりと便利なのでひとつは、持って行ってます。

 

7.水

水は、常備されているところもありますが野営地や無料キャンプ場へ行くときは、必ず持っていきます。

湧き水あるところには、持っていかないこともありますが。臨機応変に

 

8.椅子

自分に合ったのんびりできる椅子でノンビリするのに必要ですね。

その時々で椅子を変えるのもいいかもしれませんね。

 

9.ナイフ

薪を割ったりフェザースティックを作ったりまた食材を切るのに必要なので持って行ってます。取り扱いには、注意してくださいね。

 

あげだすともっとあるのですが最低これだけは、必ず持って行ってますね。

たまに忘れてしまうこともありますけどね笑

 

これからソロキャンプをしてみようと思ってる方は、是非挑戦してくださいね!

 

f:id:yuukun-11-hairdresser:20181010172028j:image