ゆーさん。 blog

完全予約制フリーランス美容師→キャンプブロガー!笑 キャンプとカメラが好きな呑みキャン△ブログです!

夏キャンプを快適に過ごしたい!暑さ対策について。

ついに梅雨も明けて真夏がやってきますね。

近年の真夏は、猛暑。

暑すぎてボンネットで肉が焼けるんじゃないかと思うレベルです。

キャンプ場も、昼夜問わず暑さで過ごしにくく不快感が高まる一方です。

しかしキャンプは、したい!

夏の暑さ対策をして快適に過ごすには!?

 

暑い時期のキャンプの注意点

夏キャンプで怖いのが熱中症です。

暑すぎて気温が上がり直射日光を浴びて体温が上がり熱中症になる可能性があります。

熱中症はボーッとして、身体のだるさ、めまい、頭痛、吐き気などの症状があります。

楽しいキャンプのはずが一大事になりかねません。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725074319p:image

キャンプ場選び

キャンプ場は、平地や林間サイト等あります。

また標高の高いキャンプ場は、涼しい傾向もありますよね。

標高が400メートル上がるだけで、夜気温は3~5度程違うと言われています。

夏にキャンプをするなら、若干距離があっても夏場は、高原地帯のキャンプ場を選んだ方が良いかなと思います。

サイトの地面は、芝生、砂利、草地等キャンプ場により様々なタイプがあります。

木陰のある場所と、何もなく広野で見通しの良い所もあります。

夏のキャンプは、設営する場所により快適に過ごせるかが大きく影響してきます。
 f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725074554j:image

 

サイトの草木による気温差

最も気温上昇を抑えてくれるサイトは、熱を溜めにくい草地や芝生のサイト。

また木陰が地面を覆っている場所です。

地面に生える植物や木陰が直射日光を抑えてくれます。夏のキャンプ場では、この条件を満たす場所を見つけてテントやタープを設営するのが良いでしょう。

 

タープを張り日陰を作る

タープとは、キャンプで過ごす場所に日陰を作ることができるアイテム。

夏の昼間の暑さや直射日光をカバーして、涼しく過ごす為にタープは必要不可欠な基本的なアイテムでしょう。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725075938j:image

テントの上にタープ

テントを設営し、昼も夜も涼しく過ごすには、テントを覆うように、タープを張ることです。

これによって、テントへの直射日光を遮ることができます。

夜は、日差しが無くマシですが朝方の日光が差してきた時の暑さが格段に違います。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725080548j:image

打ち水もおススメ

キャンプ時の暑いサイトには、軽く打ち水をすることもおススメ!

打ち水とは日本で昔から行われてきた、地面に水をまいて涼しくする習慣の事です。

気化熱効果や対流発生により、気温の低下が期待できます。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725080938p:image
 
ペットボトル氷水

水分補給や凍らせたペットボトルを当てて体温の低下もできる。

夏の昼間の暑さ対策に役立ちます。

ペットボトルに水や飲料水を入れて、冷凍庫で凍らせたるだけ。

クーラーボックスに入れてキャンプへ持っていくだけのお手軽な方法です。

食品や飲み物の保冷剤代わりにも役立ちます。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725111745p:image

ネッククーラーを使用する

真夏日のキャンプで火照った身体は、首元の動脈やリンパ腺を冷やすことにより、一気に暑さをクールダウンできるんです。

この方法を持続的にできるのが、首に装着するだけのネッククーラーというアイテムです。

水に濡らして軽く絞って首に巻くだけで涼しくなる便利グッズ。

また保冷剤を入れて首に巻くタイプのものもあります。首に巻くだけで暑さ対策ができるので簡単便利で良いですね。

 

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725112306p:image

 

扇風機

扇風機は部屋だけでなくキャンプ場でも大活躍してくれます。夏の暑い季節では、扇風機があるだけで涼しく過ごすことができます。

ご家庭で使用している扇風機を持参する場合は、電源サイトを選びましょう。その際に、扇風機の他にも用意すべきものがあります。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725113007p:image
用意するアイテム
扇風機は自宅内でいつも愛用しているものでも大丈夫です。電源サイト利用の場合は、そこのコンセントを利用し後は、延長コードを持参して繋ぐだけ。

また電源サイトでない場合は、コンセントが使えるポータブルバッテリーを持参します。

もしくは、充電式のコードレスファン製品を持っていく。

例えばマキタの充電式ファンなど。

マキタ(Makita) 充電式ファン(本体のみ) CF102DZ

マキタ(Makita) 充電式ファン(本体のみ) CF102DZ

 

私は、USB電源タイプの小型の扇風機を使用しています。

なのでモバイルバッテリーとセットで持って行っています。

これでも十分活躍してくれています。

小型なので持ち運びも便利です。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725113453j:image

外の空気をテント内に取り入れたり、寝ている時に風を行き渡らせるようや使い方が良いです。

氷専用のクーラーボックスを持って行きそれを開けて扇風機で冷気を周囲に行き渡らせる使い方が理想です。

荷物になるのでしたことは、ありませんが絶対涼しいはず。

 

コテージに泊まる

夏キャンプ初心者の方ならコテージに泊まるというのも一つの手だと思います。

嫌キャンプだしテントじゃないと!と思うかもしれませんが小さいお子様が居るなど初めての夏キャンプだったりの場合は、安全にも考慮してコテージもおススメです。

テントにこだわり過ぎず夏の時期だけは、エアコンも使用でき寝具等も揃っていて快適なコテージなどの宿泊も視野に入れてみましょう。

コテージでもバーベキューもできます。タープやハンモックを使用してコテージキャンプを楽しむことも出来るのでおススメです。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725114759p:image

快適な夏キャンプに

夏の猛暑が続く暑い季節でも、キャンプ場で涼しく快適に過ごせる方法は、探せば見つかるものです。昼夜の暑さ対策をする方法を頭に入れ、涼めるアイテムやアイデアを駆使して対策することにより、これまでよりも格段に、夏のキャンプを涼しく楽しく過ごしやすくに変えて行きましょう!

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190725115213j:image