ゆーさん。 blog

完全予約制フリーランス美容師→キャンプブロガー!笑 キャンプとカメラが好きな呑みキャン△ブログです!

キャンプは、お子様にも良いことだらけ!?

 

突然ですが

キャンプは、本当に良いことが沢山あります。

 

どのような良いことがあるのがをちょっと書いてみたので良かったら見てくださいね。

 

 

まずキャンプでは、普段の時間に追われる忙しい生活から離れて、時間を気にせずに昼寝をしたり眠くなったら寝て、朝日が昇ったら起きる。

朝日に浴びるってゆうのも身体にとっては、とてもいい事なんですよ!

 

朝日を浴びる事により、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンという物質が出て、すっきりと目覚めれたり、やる気がでて、さらに自律神経のバランスを整える働きましてくれます。

 

またそんな時計を気にしなくていい生活をすることで自然と体内時計、生活リズムが整ってくるんです。

 

それに森林や川の流れる音などでの癒しの効果としてのマイナスイオンには、リラックス効果もあるので、ストレス解消にももってこいです。

さらに、これだけでなく、実はキャンプはお子様にとっても、大きな影響を与える事が沢山あります。

 

キャンプでは、自分で食事や寝床を作らなければいけません。食事や寝床を作るときは、みんなで協力し合い。助け合うことが重要になりますよね。

 

たとえば、テントやタープを張る時も、親だけでした方が早くていいと思うのですが、お子様にもなにか少しでもいいから役割を頼んであげることで、自分も皆んなの為になにかお手伝いして役に立ってる!という自信に繋がります。その自信が協調性を育んでくれるんです。

 

小さいお子様には難しいよ、思うかもしれませんが、僕の娘は、3歳の時には、タープやテントのペグを『飛んでっちゃうから』っとハンマーで更に叩いてくれてました。

ちゃんと僕が言った事を覚えてて更に自ら実行してくれている。

親としても凄く成長を実感できるし何よりも娘が頑張って何かをしている姿は、本当に嬉しい。

さらに撤収時には、荷物を運ぶのも手伝ってくれます。

当たり前だしちょっとした些細なことかもしれませんが、それをちゃんと褒めてあげる事により、『自分も役に立っている』という事を感じて自信になり、それがまた次の成長へと繋がると思います。

また誰でも褒められると次も頑張ろうって気持ちにもなりますよね?

 

自分で遊んで待ってくれてる方がパパっと設営できて楽なのですが、少しでも子供が自らお手伝い出来るような環境作りを心がけています。

 

食事の準備をするときも、初めは、出てくるのを待っているだけって感じでしたが、キャンプの回数が増えて歳も重ねてできる事が増えると自分でクーラーボックスから食材を出してきてお手伝いする!って言ってくれます。

さらにこれ取ってー!やお手伝いして!と誘ってあげると喜んでお手伝いしてくれます。

 

包丁で食材を切ったりすることは、普段は、時間もなく更に危ないのでなかなかさせてあげられませんが、キャンプでは時間も気持ちも余裕がありますので、側について見守らながら切り方などを教えてあげられるので、少しでもいいので挑戦させてあげています。

また包丁やナイフの危険性も教える事が出来る。

ただ包丁は、危ないし心配だなって思う時は、お皿の準備や食事の盛り付けを一緒にしたり、食べた後の食器を一緒に片付ける事もいいと思う。

なんでも一緒にしてくれる時にさせてこんな事も楽しいんだとかお手伝いの習慣がつくといいですよね。 

また、大人が協力してテントやタープを立てているところや、料理を作っている様子も、子どもたちは意外とよく見ています。

それを見て、自分もお手伝いしよう!という気持ちに自然となっていくんですよね。

 

更にキャンプでは、コミュニケーション能力も身につく!?

 

最近では、ゲームやスマホが当たり前の時代、家でゲームやyoutube見ていることも多いのでは?

うちの娘もyoutubeばかり見ているのです、、、

 

外遊びが少ないと発達の遅れやキレやすいなどの影響に繋がることもあるそうです。

 

外遊びをしなければ子供はほとんど体を動かすことなく生活してしまいます。


それによって肥満になるのはもちろん、成長する過程で鍛えられるはずの運動能力が鍛えられず発達の遅れにもつながるそう。
外で思いっきり走り回ったり、遊具などで元気よく身体を動かす事は子供の成長に大切な事なんです。

また、自然の中で遊ぶと五感が刺激され子供の脳にとってとても良い影響を与えてくれるそうです。
小さい頃に沢山自然の中で遊ぶ経験をした子ほど、新しい発見や発想が多い大人になれると共に、歳の離れた人とのコミュニケーションも上手に行えるそうです。


逆に外遊びの足りなかった子は『キレやすい大人』になる傾向もあるそうなので、キャンプや自然の中で遊べる場所に子供を連れて行ってあげたいですね。

 

また家にいると、他人との関わりを学ぶのは難しいですし、家でもゲームやスマホばかりしていては会話ができずに、コミュニケーションもとりにくくなります。

公園などでの外遊びもそうですが、キャンプへ行って、ゆっくりと会話をすることもコミュニケーション能力を高める一つの方法だと思います。

また、キャンプをすることで、一緒に遊んだり他人との関わりを勉強することは大事な経験になること間違いなしです。キャンプ場で知り合った子たちとお友達になることもあるのでオススメですよ。

これも、キャンプならではのいい事だと思います。

 

またキャンプではかなり雨や風の自然の影響に左右されるので、しっかりと準備をしていっても思い通りにならず、トラブルに遭遇することも多々あります。

急な雨に降られたり、突風でタープが飛んでいったり笑←これのせいで娘が飛んでくからちゃんと叩いとかないとってペグ打ちしてくれます笑

 

また物を忘れることもよくあるかもしれない。

自分は、よく忘れ物をします笑

その問題をスマートに対処する親の姿を見ることで、問題処理能力やちゃんと何かしらの確認する力が身につく事もあるのでは、ないでしょうか?

トラブルの回避能力は勉強でも知識は、つきますがやはり実際に、経験を積むことこそが必要だと思います。

キャンプに行けばその経験を十分に得ることができ、先を予測しながら行動できるように成長していくでしょう。

 

なので子供にとっても凄くいい事なので是非ご家族でのキャンプもオススメします!

 

f:id:yuukun-11-hairdresser:20181004173436j:image