ゆーさん。 blog

完全予約制フリーランス美容師→キャンプブロガー!笑 キャンプとカメラが好きな呑みキャン△ブログです!

ハンモック泊ってどーなの?

先日久々にハンモック泊をしました。

そもそもハンモック泊ってどうなの?と思い記事にすることにしました。

 

ハンモック

元は南米の熱帯地方で先住民が使っていた、寝具の1種である。

元々は船上で快適に睡眠をとるために使われていたみたいですが、現在ではアウトドアシーンやカフェなどのお店、自宅でも使われるようになりましたね。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190905123617p:image

 

ハンモックの魅力

ハンモックの魅力は、コンパクトで設営も簡単。

オシャレにも無骨なスタイルにも適応し、自由度や優雅といったイメージもありますが、なによりもまず「寝心地の良さ」が一番に挙げられます。

ハンモックの揺れはとても心地よく、寝転んでいるだけで眠くなってしまいます。

また、木に結び設営しますがそこは、自然と木陰になり、そこから木漏れ日の光がとても心地よく過ごせるのもポイントの一つです。

一度体感すると、想像以上に気持ちよくうたた寝すしてしまうほど、このまま何時間でもハンモックに揺られていたいなぁ。

という気持ちになってしまいます。

 

ハンモックのメリット

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190909125757j:image

先程も言いましたが何と言っても寝心地の良さです。

ハンモックに揺られていると本当に心地よく気がついたら寝てしまっていたりと体験したことない方は、是非体験してほしいですね。

あと設営がかなり楽で早い。

木や車があれば設営できる。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190909130803j:image

荷物も少なくて済むなどのメリットもあります。

また、ハンモックはお子様にもとても人気です!

普段なかなかみないハンモックで寝心地の良いハンモックは、子供にとっても同じ。

尚且つとても良い遊び道具にもなります。

私の娘も初めてハンモックに乗った時は、大興奮でしたからね。

デメリット

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190909131020p:image

設営場所探し

ハンモックを持って行き、いざ張るぞー!と思ったときに意外と苦労するのが「ハンモックを張る場所がない」ということ。

木と木の間隔が広すぎる。

自分のサイトには、木が1本しかない。など。

自分の車と木にハンモックを張ったり間隔が広すぎる時に便利なのがこちら。

設営もしやすくなるし長さもあるので間隔が広いところでも設営がしやすくなります。

または、自立式のハンモックスタンドを使えばこの問題は一発で解決します。

キャンプではハンモックとともにスタンドも持参しておき、キャンプサイトにいい感じの木が見つからなければスハンモックタンドを使うというのが一番理想でしょう。

寝心地が慣れない

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190909132207p:image

ハンモックに包まれて寝る。

いつもフラットなところで寝ている方からすると少しの時間なら快適に、過ごせるものでしょうが一晩ハンモックでとなると違和感を感じるもの。

包まれているので身動きが取りにくい。

頭の高さが違和感や横向きで寝にくいなど。

そんな時は、クッションやブランケットなどを敷いて調節すると寝やすくなります。

初めてハンモックを使用する方は、リラックスアイテムとして利用してから慣れればハンモック泊をするのが良いのでは、ないでしょうか。

 

寒い時期は、背中が冷える

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190909132333p:image

もともとハンモックは熱い地域である南米発祥のアイテム。

そのため、冬の寒さ対策はあまり考えられていない。

そのままハンモックを使用すると背中部分を風が吹き抜けてとても寒く感じてしまい、寒い時期に使用するのは、かなり辛いものになります。

なのでハンモックの下にサーマレストのマットを敷いて寒い風を遮断します。

DDハンモックは、ハンモックの下側にマットを入れれるスペースがあるので寝床の邪魔がなく快適に使用できます。

さらにDDハンモックから出ているアンダーブランケットを使用するのもおススメです。

下からの冷気を防いでくれて更に暖かいので0度でも快適に過ごせます。

個人差は、ありますが。

f:id:yuukun-11-hairdresser:20190909132843j:image

後は、オーバースペック気味の冬用シュラフなどを使えば冬でも快適に眠ることができます。

 

まとめ

ハンモック泊は、慣れてしまえばかなり良い。

蚊帳付きのものを使用することにより虫なども気にならず快適に過ごせます。

荷物も少なく設営も楽。

使用するアイテムにより年中ハンモック泊ができる。

冬場は、装備を整えてチャレンジしましょう。

普段味わえないハンモックの心地良い寝心地オススメですので皆さんも試してみては、いかがでしょうか?

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

キャンプロス。。。🤣 山コーヒー飲みに行きたい☕️ ハンモックに揺られたい🤣 軍幕使いたい😭 したいことだらけです。。。🤣 天気よ良くなれ! アウトドアフェス行ってみたけど もっとメーカーブースが増えたらいいのになと。 #キャンプ #Camp #camping #ソロキャン #ddhammocks #ddハンモック #hinataoutdoor #bepal #キャンプ好き #キャンプ好きな人と繋がりたい #ランドネ #キャンプバカ #outingstylejp #camphack取材 #japn_night_view #ig_japan_ #キャンプ仲間募集中 #キャンプマナー守ろう #冬キャンプ #キャンプでブー #ハンモック #野営地 #無骨 #呑みキャン△ #campzine掲載希望 #ソトシル #takibi1000cp

ゆーさん。さん(@yu_san_blog)がシェアした投稿 -